商品の返品制度が充実している

実物とネット画像の差に不安がある

店舗へ行かずに様々な服や靴、カバンにアクセサリーを選ぶことができるネットでのお買い物はとても便利です。その反面、ネットショッピングに抵抗がある、あまり積極的に利用したいと思わないという声も聞こえます。なぜでしょうか。
掲載されている商品画像は、パソコンの液晶を通して私たちの目に映ります。実際に商品を手に取って肉眼で確認するのと比べると、色味や生地の質感をうまくくみ取れないのは当然のことです。更に、着用モデルが必ずしも自分と同じ体系とは限らないので、丈感や襟首の開き具合のイメージがつきにくいといった不満も生まれるでしょう。実際に着用して確認することができれば、これらの悩みを解消できるはずです。そのためにどのような制度があるのか見ていきましょう。

”好きな色じゃなかった”でも返品OK!

服が破れてしまっている、靴のヒールが折れているといった、明らかな販売者側の不手際でならば、返品可能であろうとわかります。それ以外の理由でも、返品を受け付けているファッションサイトが多く存在します。商品に落ち度はないものの、イメージと違った、普段のサイズを購入したが足幅が苦しい、といったいわゆる”お客様都合”での理由も、返品の対象となるのです。素肌を避けて、室内で試着した程度ならば返品できる場合が多いようなので、気軽に購入して気に入らなければ返品することもできます。
返品の条件はサイトによって異なりますので、利用前に一度読んでおくとよいでしょう。どのサイトが利用しやすいかを図る目安にもなります。お気に入りのサイトを見つけてみて下さい。
ファッションは自分を彩り、個性を演出するのに欠かせないものです。ネットでのファッションを失敗なく楽しむために、返品制度を大いに活用していきましょう!